お菓子のルーツがここにあり!?


このたび、兵庫県立円山川公苑美術館(豊岡市小島)にて、国内外で年々評価も高まる精力的な現代美術作家・渡辺おさむ1980生れ)による展覧会『渡辺おさむ展inお菓子の神様展』を開催いたします。

渡辺おさむはあらゆるモチーフを“本物そっくりのお菓子でデコレーションを施す「Fake Cream Artで、アート界のみならずマスコミをはじめ様々な分野やジャンルで注目を集めている気鋭のアーティストです。大原美術館、清須市はるひ美術館、高松市美術館などさまざまな美術館での展覧会やコレクションが続いています。美術館のある豊岡市にはお菓子の神様である中嶋神社があり、主祭神の田道間守命が天皇の為に常世の国から「非時香果(ときじくのかぐのみ)」(当時最上級の菓子とされた橘のこと)を持ち返ったという話が日本書紀に記されており、日本書紀の時代から、お菓子は人の幸せの為を願って存在し続けてきました。現代、渡辺おさむがアートを通じて、人の幸せの記憶を想起させるようなお菓子の作品を制作しているという事は、日本書紀の時代から続く壮大なお菓子の歴史の流れの延長線上に渡辺おさむの作品を感じる事ができる円山川公苑美術館ならではの展覧会となっております。

 

展覧会名:

OSAMUWATANABE スイーツART-日常のポップでクリーミーなハピネス世界-お菓子の聖地豊岡に舞い降りた 渡辺おさむ inお菓子の神様

会期:平成25年4月20日(土)~7月15日(月・祝)

開館時間:9:00~17:00 休館日:4月22日、30日

観覧料:大人350円、65歳以上・高校生180円、中学生以下無料

 

主催:兵庫県立円山川公苑、豊岡市

後援:兵庫県教育委員会、菓子前日祭実行委員会、豊岡商工会議所、豊岡観光協会、FMジャングル76.4MHz、日本観光ネットワーク、るんるんテレビ

協力:渡辺おさむアトリエ、阿久津画廊、株式会社BNN新社、株式会社パジコ

協賛:岩見印刷株式会社

【この展覧会は撮影OKです】

この展覧会はクリエイティブコモンズに基づき、会場内撮影可能です。皆様のブログやtwitterで展覧会について是非ご紹介下さい。

※三脚を使用しての撮影及び営利目的での撮影画像の使用はご遠慮下さい。